So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

やっぱり。。小さいのは可愛い^^ [やってみたかったこと]

どのカテに入れようか?と悩んだのだけれど、
画像を見つけて早。。1年半
こんなに早く作ろうと思う日が来るとは(笑)
なので、
『やってみたかったこと』
に入れておこうとww

と、どうでも良い話は置いておいて、
先日、とりあえず形になった?ので、
こんな試作品(←先生に一応イメージを伝えるためのものなのでw)
を。。

180430_095849.jpg


送料込み220円で落札した八掛で作ったので、
肩接ぎがあるのだけれど。。
その画像というのが

ここ

で見かけた画像
あちらはプロが作ったもので、
私の作ったものとは、やっぱり完成度も可愛らしさも。。雲泥の差( ゚Д゚)
それでも身内のものだったら(笑)
後は、おでんちを作ろう~^^←単衣?(;'∀')

この画像は袷で作られているので、
着用は秋以降なのだけれど、
私の作った試作品は私でも作れる。。単衣。
なので、これはこれで、赤ん坊の寝巻にでも。。

繰り回しで超格安だけれど。。
正絹の寝巻。。

それでも、八掛で産着というか、
おでんちセットが作れるのね。。
八掛と言えば、4mくらい?

ということで、考えた末。。
競り合っ上の落札分ww

端切れ1300円+送料2点同梱750円.jpg


こんなのを購入。。もちろん拘りの正絹←こだわる理由は鏝の温度の面倒くささww
5mしかないので、作れるものが限られてしまうけれどw
送料込みで約1500円位。
これだけあれば、一つ身ならば、
もう少し袖の長いおでんちセットあるいは、被布セットが出来るよね?

これで作ったら全く繰り回しにはならない
とりあえず?更反からの作成^^

なんかね。。
黒いものばっかり縫ってると、
こんな可愛いもの・華やかさのあるものが縫いたくなるのよ(笑)

そうそう、裁ち目なしの一つ身。。も、
並行して習うことに。。

で、ふと、昔頂いた一つ身の裏を外したもの。。
あれも、裏を付けて完成品にしておかなくちゃ。。と、
気が付いた(笑)

小さいのって可愛いし簡単に作れちゃう?から、
達成感も半端なくあったりして。。楽しい。
久しぶりに手ぬぐい甚平も作りたくなったww
nice!(0)  コメント(0) 

黒紋付の羽織。。(10)後は貼り紋探し?(笑) [和裁]

ずいぶん間が空いてしまいましたが、
前回の教室で、
襟先の始末の仕方も教えていただいたのだけれど、
これがね。
教室で両襟が出来ちゃったので、携帯を忘れていったため写メを撮ることが出来ず、
一応、ノートには描いたのだけれど。。
いつもの通り?わけわからずww
片方を先生と一緒にやって、
反対側も同じようにやってね。。
と言われ。。

手が止まる(;^_^A
思考停止?
思い出せない。。

認知症か??私(;^_^A
という覚えの悪さw
短期記憶力が完全に欠如しています←これが危ないのよね。。認知症の予兆(;^_^A

今は薄らぼんやりと覚えているけれど、
たぶん絵羽織を作るころには。。忘れてる?
この薄らぼんやりを絵羽織の時まで持ちこたえさせるには、
時々でも、この感覚的な薄らぼんやりを思い出さなくてはね。。最終工程なので( ゚Д゚)

因みに、持ってる本によると
180504_042904.jpg
こんな感じに始末をすると描いてあるけれど
教室で習った方法とは。。違う(;^_^A
なので、次回黒絵羽の時にはきちんと?
写メを撮って来たいと思いますww←( ..)φメモメモ

例のガラガラの羽織も作らなくては。。←どうせ、これも着用は秋??
結局襟のところで止まってるし(;^_^A
こんどこそ、絵羽織と並行して。。

ということで、
とりあえず、襟もついて、
黒紋付の羽織の方は次回仕上げアイロンを当てて完成なのですが、
ここで、貼り紋探しをしないとならないのよね。。( ゚Д゚)
原価裏地を含め2000円弱の反物に授業料12000円で貼り紋3000円弱って。。
因みにこれは湯のしとか仕立て前の加工を一切してませんww
アイロンで地直しをしただけ。
小さい貼り紋に原価以上の金額が。。リサイクルのジレンマ(-"-)
因みに一つ紋を入れたら、貼り紋の金額では済まない( ゚Д゚)

この羽織を着用した時のコーデで一番高いのが『貼り紋』だったら。。ある意味悲しいwww
まぁ、その時には帯も草履もバッグもあるわけだから、そうはならないと思うけれどww
(自分で買ったものではないがw)

どうせ今すぐに見つけたところで着用予定は来年の3月だしww
完成に近づくにつれ、徐々に気持ちが離れていく。。(笑)
というより、次に作るものに気持ちが移っていくww

次は姪の黒絵羽を作る予定で、
原価500円に湯のし2500円はすでに支払った金額。
あとは、授業料がいくらになるか??だわね(笑)
肩裏は長女の振袖長襦袢の袖に使ったものを使う予定w
あの肩裏地は反物で、2000円位だったので、←調べたら2100円だったみたい
肩裏として使う分はほんと何百円かだしww

で、宿題はその黒絵羽織の袖作り。。出来るところまで←ここ重要ww
というわけで、                    
裏地に袖口布くらいは付けていく予定でいます(。´・ω・)? 
今なら袖が出来る?                  
そんなしっかりした頭脳を持ち合わせてないww
鶏の頭脳(;^_^A
因みにこの黒絵羽も、入園式には間に合わなかったので、
卒園式に着用予定となりました。。というころで3年後??(笑)
こうなると気持ちが離れていくのよね。。す~っとw
羽織を作りたいと思って持ってる反物?があと数枚
モスリン4反3600円+送料600円.jpg

あって。。
これらも出来れば年内に作って羽織を片付けてしまいたい。←欲深い?
羽織も立て続けに5~6枚作れば自分で作れるようになるのでは?
と。。思ったり。。
思わなかったり??(;'∀')
なにしろ袷の着物のように吊りあいを取るような大変なことが無かったのでww
裾を作る必要もなく?
折り返しだし←前下がりの部分だけは作るのですよねw
そして袷とは違った吊り合いが必要?
授業時間数が、今回は10回だったけれど、
これらを作り終えるころには印付け・裁断に1回ともう1~2回くらいになるのが目標。
つまり、ちょっと教えていただいたら後は家で作れるようになりたい^^
せめて浴衣のようにね。
今年の袷の季節からは、着物生活満喫?出来るかしら??
長着はとりあえず今あるものでww

って。。羽織をそんなに作ってどうするんだ?という気はある。
頂いた羽織もあることだし。。←裄直しをしなければならない?
羽織も良いけど、上っ張りも欲しいw
この画像のはモスリンなので、裏を考えて作れば、自宅で洗えちゃうしね^^
何しろ、上っ張りの代わりになるものがないので、
なかなか着物生活に成りきれない・・言い訳?(笑)

こうして、作りたいもの・欲しいものだけが増えていく。。(;^_^A

和裁の底なし沼(笑)

だって、私の和裁を習う目的は
『繰り回し』
なのだものww
nice!(0)  コメント(0) 

黒紋付の羽織。。(9) [和裁]

さて、今日は和裁教室に行く予定にしているのだけれど、
先週分がまだUPしてなかったので、
とりあえず(笑)

なんとか袖も付いたので、←先生の目を躱すために?あまりきちんと見せてない(笑)
襟つけにかかりました。

先生曰く、

羽織の襟は顔だから。。

とのことで、
長い身丈の羽織の襟を。。コツコツと(笑)

衿肩開きの部分のみ返し縫で。。というところが今までの長着と違う縫い方?
そうそう、
羽織には襟芯必要ないというのも、違うところかな?

特記するほどの手順はないけれど、
吊り合いに関しては先生に確認していただいて
『手直し』していただいて←こっちがメイン?(笑)

しかし、『顔だよ』と言われると、
いつも以上に緊張して、きちんとしつけをかけて?
ゆっくりと確かめながら丁寧に縫ったつもりなのに。。


どうしても、絎けが下手糞すぎてorz
(絎けだけではないが(;^_^A)

プロを目指しているわけではないので、
ある程度いえいえかなりの『妥協』をするのだけれど←わが腕を考慮して着用しておかしくない&自分の物という妥協ww
そして、先生も、出来る限り本式ではなく、
許されるだけの簡略化方式?で教えていただいているのだけれど。。


まぁ、もうこれで良いや。。
と諦めモード?

そのうちに気が向いたら、付け直すさ←『そのうち』というのは、やらないのと一緒(笑)
或いは先生の指摘を受けたら、直します。。ハイ(笑)

その時には、きっと、

先生、それって着たときに何か不都合が出ますでしょうか?

とは聞いてしまうと。。思うけれどね。。

ということで、
今日は襟下の始末のやり方を教えていただき、
完成予定♪

のはず。。?????

そうそう、最近、仕事の休憩時間に読書してますw
今読んでるのは、
青木玉 著の
『着物あとさき』
という本で、
著者のお母さん(幸田文さん)が残した着物を色々するのだけれど、
きっと、かなりのお金をかけてやってるに違いないし←金額については一切明かされてないので。。
贅沢だな~と思うこともあったりするけれど、
この『贅沢だな~』というのは、
単に貧乏人の僻みで、
実はとても羨ましい。。

あぁ。。こんな風に残せる着物があり、
こんな風にきちんと受け継いでくれる子供がいて。。

というのって良いな~と思った。
我が家には見当たらないし(笑)

残したいな~
と思う着物は数枚あるにはあるのですけれどね。。
と言ってもいつもの訪問着や母の黒留・色留めのほかは、
新品で購入するときには一体いくらくらいかかったのだろうか??
と思われる。。中古リサイクルの着物ですがw
まだ、仕立ててないし(笑)

現在までに仕立てた私の着物は私自身で着潰して終わりで十分なのですけれどねww
実は先日、着物を沢山いただいてしまったりして、
この思いが強くなったというか(笑)

来年(?)には仕立てに着手して、
孫の前で何度も着て見せる。。
記憶にとどめてもらえるように??(笑)
そうすることで、
所謂『ポイ捨て』もされないだろうと。。思ったり??
単なる箪笥の肥やしでなく、着物の活用の方法を伝えていかなくては。。と思いながらね。
つまり色々繰り回したりして、
着物って洋服とかにリメイクするだけでなく、
こんな風にして、着続けることも可能なのだよ。。
ということを伝えていきたい。。(笑)

そして
青木玉さんのように本当に色々するのではなくても良いので、
ポイと捨ててしまわずにその着物を着るということを考えてくれる子に。。


我が子の時にはできなかったので、
孫が生まれたら、
その孫の成長の時々に『着物』がある生活を送ってもらいたい
そして、『着物を着る』という選択肢のある生活を送ってもらいたい。
と、思ったりね。←時代に逆行??(;'∀')
他装を習わないと難しいのかしら?
と思ったりするけれど、
自分で着るように着せていた『昔』があるわけだし。。と。。。
駄目なら習うことも考えるけれど、
当分は。。考えてない(笑)
というより、
わが子にも自分で着れるようになってほしい(笑)
自分で着れるからこそ『着物を着る』という選択肢が生まれると思うのですよ。。
まあ、他人さまに着せてもらった方がきちんと着れるということはあるのかもしれないのだけれど、
(特に礼装と言われる着物にかんしてはね。。)
私の目指す着方はその『きちんと』とは違うところにあるのでw
ちなみに子供の着物なら、私でも着せられます~~ナンテネ
七五三とかも結局私が着せたし。。
腰ひも付いてるし、上げもしてくるっと体に回して?
紐を縛って作り帯を付けて。。だものねw
そして、
去年は初他装?で。。浴衣も(笑)
3000円もらわなかったけどww

我が子の着物にも、
腰上げしてそこに腰ひも付けて置いたら、
自分で着れるのではないだろうか??とも思ったりするけれどww
ついでに切らずに作る二重太鼓とか作っておけば。。??

『着物を着る』とっかかりって、
そんなところから始まるのでも良いと思うのですよね。
最初から着付け教室というハードルを乗り越えなくても。。
着付け教室は、自分で着れるようになって着たい着姿?がある程度自分でイメージできるようになり、
そのイメージに近づくために通うところ。。
という風になると良いのにな。。

何でもかんでも【カリキュラム】とやらが。。邪魔(笑)




順調に行けば8月に孫が出来ます(;^_^A
コメント(0) 

黒紋付の羽織。。(8)あぁ。。失敗( ゚Д゚)

先週の和裁教室では、出来上がった袖を身頃に付け襟が付く部分?にしつけをし、
乳をつけました。←右身頃だけ
ここら辺は羽織から四つ身や振袖等でも記載したかもしれないので、
付け方は省略ww
で、もう片方の袖作り&身頃に付け
襟が付けられるようにしつけをかけて乳を付けるのが宿題。。←これで左身頃の完成?

宿題。。やったのですよ。土曜日に。。
もう片方の袖。。つまり左袖

しかし、同じ袖が2枚できちゃいました。。

初の2枚右袖~~
袷だし、それほどわからないんじゃないか?
柄物とかではなく無地しかも。。黒なので、
結局縫い代が前身頃に倒れているか?
後ろ身頃か?の違いでしかない
と思ったりしたのですけれどね。
裏を見たり、触ってみなければ多分分からないと。。思ったりww
それでも、これは致命的な間違い?ともいえるので、
最終段階で先生が気づいたら。。すべてやり直すことになりそうなだしww

本当にこんな風に同じ袖が出来ちゃうのですね(;^_^A

気を付けたはずなのに。。

ちっとも肝心なところに注意を払ってなかった??
肝心なところが分かってなかったとも言えるw

ということで、
作り直します。
。。

で、何度も袖の振りを付け替えたりして、やり直したのだけれど、
どうにもこうにも。。全く同じように出来てしまう。。
そこで、
持ってる本を読んでみると、
なんと、袖の右左の分かれ目は

袖口の止め

のところで決定してしまうとあり、

仕方なく。。
袖口のところまで戻ることに(;^_^A

とりあえず、土曜日はここまで解いて終了。
何度もやり直した挙句、後戻りしすぎなので、集中力を欠き
頭を冷やしたかったww

でも、教室に持って行って、先生に出来ないことを伝えたところで、
結局、ここまで戻ってやり直しになるはず?だったので、
原因が分かって良かった。。
何しろ、教室での間違い直し程、
時間が勿体なく無駄だと思う瞬間は無いのでねw

結構この無駄な時間を費やしている気はするのですがww

お陰で、袖作り何度もやった感じ有り、
ある意味、作り方を覚えたようなw

だからかな?
袖を作り始めたら一組作ってしまったほうが良いと言われるしw

って、まだ、丸みを付けて袖を付ける作業が残ってるので、
今日・明日でやります^^

次に袖を作る時の教訓。。

袖口の留めをする時には注意必要ww

そういえば、初めて縫った浴衣の袖付けの方法。。
あれも、何かの不備が出て来て、
再度やり直しになり、以来、単衣の袖付けは問題なく出来るようになったし^^
たぶん一回きりで通り過ぎてたら、
次に縫う時にやっぱりやり方分からなかったと思うしw
間も空くしね~記憶にも残らない?

何度も繰り返し縫うというより、
多分人間の記憶って、
間違えを犯すという
リスクの上に強烈に残るものなのだな。。

と思った(笑)

もちろん縫い直しになるほど時間の無駄は無いので、
極力縫い直しをしないで済むように慎重に縫うべきなのですけれどね。
まぁ、習っているときはしっかりその手法を覚えるという意味で、
何度か縫い直しをしなければならない状況を作り出す?ということも、
ある意味必要。
こうすることで、次はたぶん、『慎重に』なるに違いないww

私の場合は完全手縫いなので、
解くのは一瞬。。



ちなみに、何度も縫い替えたため、
印がどこなのか?
さっぱりわからず、
印付けはノートを見ればわかると思ったので、
今回は元の縫い目を印と考え?
まっずぐではない?その縫い目の跡を縫うことにしましたよwww
もうね。新たに印付けからという気力がなかったのです←オイオイ

なので、出来上がり寸法は。。『大体』w←自分の物なので自分がOKなら良いのですw

ということで、
寸法に関しては全く自信。。無い
それより、
作り方を覚えるのが先決?

しかし、あまりのショックで写真も撮りたくないほどw
┐(´д`)┌ヤレヤレ



袖が付いて乳が付いて襟のしつけが出来たら、
写真載せます(笑)

袖付け・乳まで付けていければ、
いよいよ教室で襟の付け方を教えていただいて
きちんと襟が付いたら。。完成?(笑)

後は。。これ、貼り紋にするので、
貼り紋の手配をしないとならないのだけれど。。
まぁ、また今度(笑)

☆☆☆追記☆☆☆
ということで、
袖の丸みを付け、身頃に縫い付けました
180416_101700.jpg

で、襟周りにしつけを掛けようと、待ち針を打ってたら。。

180416_101914.jpg

裏地との釣り合いが。。

先生曰く、もし、裏地が長いようなら、キセを大きく取って。。
と仰ってたのだけれど、
今回はどうも、表地が長いみたい。。

こんど、ここの修正からの授業になりそうです。。orz

裏地との接ぎを解いて少しだけ裏地を伸ばして
釣り合いを取ればよいような気がするのですけれどね。。
どこら辺まで解けばよいのか。。分からない(;^_^A
nice!(1)  コメント(0) 

黒紋付の羽織。。(7)袖作り2(笑) [和裁]

あぁ。。ずいぶん間が空いてしまったような( ゚Д゚)
それもこれも、仕事が連勤なうえに遅番が少なく早番が主だったり、
休みには予定が入ったりして、
なかなか、針を持つ時間が無かったという。。(;´д`)トホホ

趣味を続けるためにこの仕事にしたのだから、
これでは本末転倒?
しっかりと、趣味。。続けないとですね( ゚Д゚)

とはいうものの、教室には真面目に?通ってますw

あした、また教室に行く予定なので、取り急ぎ?記事をUPしておかないと。。(笑)

先週やっぱり夜勤入りを利用して行った教室で、
袖作りの続きをしてきました^^

今回の黒紋付の羽織。。
袖口側を縫い、袖の印付けに挑んだら、
なんと、袖幅が袖付け下で足りない。。

ということで、そういう時の知恵?じゃないけれど、
なるほどね~
と思ったので、とりあえず、備忘録(笑)

まず、裄が取れるのに、なぜ袖付け下の部分で袖幅が足りなくなるのか?
ちなみに基本的には

180410_044642.jpg

こんな風に印付けを袖の表に付けていくのですけれどね。


原因は、
袖口から下に関して、1分広げるんですよね。。表地。
そして、まぁ、私の縫うものだから、きっと、袖口側にも原因があったりもするのかな?

まっすぐ縫えないとか??(;'∀')

で、そんな時は、先生曰く、ちょっと斜めになるけれど、
それでも、『裄』が取れれば大丈夫だからと、
袖幅を縮めることなく、こんな風に

180410_043237.jpg

こんな感じで、1分引っ込めて袖付けで1分出して?縫うことになりました。
う~~ん。。
つまり袖山での袖幅と袖下の寸法が同寸になるのだから、
そのまままっすぐでも良いような気もしなくもないけれど、
ここはきっと何かあるのでしょうね。。

袖口~袖下で裄より表地を1分出す

という意味が。。私にはわかりませんが(笑)
もしかして、ここで留めをしたりするから、
その分を見越しての1分広がりなのかな??ナンテネ

先生曰く、裄を簡単に縮めちゃったりしない方が良いとのことです^^;
そして、今回裄に関しては普通は長着+2分のところを1分5厘にしてますw

で、その後は袷の袖作りと同様に。。
まだ、丸みが付いてないですが、
明後日教室に行く予定なので、
それまでに。。丸みつけます(;^_^A

ちなみに、前回記事でもう片方が出来たら。。と書いたけれど、
まだ、出来てません(;^_^A
2分の印を付け縫って留めをしただけだったのですが、
その留めが何だかうまく行かず、先週先生に見てもらい、
表側から

DVC00051.jpg

直していただきましたw


着用予定が来年の春とあって、
なんとなくスローペースになりつつ。。
あのガラガラの羽織も作らなくちゃ。。
と思うのですけれどね。

┐(´д`)┌ヤレヤレ

そして、最近着物を解いていて思ったこと。
私、糸詰まりが多くて、糸こきに結構神経使うというか、
どうしても、縫い目が波打つような感じになってしまう時があるのだけれど、
先日なんか、糸を切ったら、
あぁ~すっきりした~
という布の声が聞こえて来そうなくらい。。縮まってしまっていたり( ゚Д゚)

180410_041856.jpg


こんなに大きな針目でも、
要所要所きちんと『留め』をすれば大丈夫なんだと。。思った^^

時々、縫ってて、す~っと糸が生地に馴染むような感覚の時があるのだけれど、
そんな感覚が分かるようになると、もっと糸こきを真剣に?必死にしなくても、
すっきりした着物が出来るのかな?

針目が1寸に8目とか6目とか色々書いてあったりするけれど、
プロの技には到底届かないし、
素人には
それより、こんな風にすっきりした針目で着物を作れるようになったら、
きっと、だれが解いても良い着物が出来るかもしれない(笑)
それでも、背縫いだけは少し細かく縫ってましたけれどね^^
つまり、どこも同じ感覚で縫うものではないと言うことなのでしょうね。
もちろん接ぎをして布目を割る時には細かく縫った方が良いですし^^
要所要所。。ということが大切?

それでも、『まっすぐに』縫うと言うことは必要な技術なので、
やっぱり、運針練習して練習して。。
すっきり縫えるようには成りたいと思いますが(;^_^A

着物は解いて縫い直すことを前提に作られている『着るもの』なのだから←苦しい言い訳?(;'∀')
nice!(0)  コメント(0) 

黒紋付の羽織。。(6)袖作り? [和裁]

和裁教室に行ってきましたよ~
またまた、夜勤入りの時間を有効利用して?(笑)

マチの部分。。攣れている個所があったので、
先生が糸こきしたら。。

片手が入るほど穴が開いた( ゚Д゚)

まるで、LLサイズの人が無理やりSサイズの洋服を着て、
苦しい~~
苦しいよ~~~


ブチッ!

と、破れた瞬間の心地よさ?

糸こき。。w
先生が仰るには、糸を引きすぎなんだって。。
でも、どうしても力を入れて針を抜くみたいで。。。
一応自分でも糸こきするのだけれど、それでもね。

先日何方かのブログで、

解いてみるとあちこちに結び目が。。っていう一文を目にしたんですよね。

まるで私の縫ったものみたい(;^_^A
私の縫ったものは、本当に解くのは『私』限定なのでね(笑)
まだまだ恥ずかしすぎて?誰にも裏は。。見せられない(;^_^A

因みに針目は特に小さいわけじゃないからこの程度で良いよ。。とのこと。。

着物って、もちろん小さい針目で縫うこと必要なこともあるだろうけれど、
今まで解いた着物って、意外と大きい針目だったりするんですよね。

細かく縫えば良いってもんじゃないらしいですよ。。

細かく縫うより、仕上がり通り?指示通り?
針目を揃えてまっすぐ縫う方が仕立てが遥かに綺麗になるんだろうな?
と、
他人さまの縫ったものを見ながら思う。

この位大きな針目でも大丈夫なんじゃん!
とね。


でも、私もいつの日か、
だれに解かれても良いような縫い方が出来るようになりたいとは、
思ってますがね(笑)←凄い目標だわw

ということで、その後、マチの留めをして、
前身頃の裾~胴接ぎしたところまで仕付け糸で止めて・・
その後、袖作りに入りました。
とりあえず今日は袖口側の完成?
後はしつけをかけておくだけ。。
特に印付けをしたわけではないので。。図解はなしw

1.袖口布と裏地を袖側の開いている部分をしつけて抑える

2.表地裏地共に2分のところに印を付ける

3.中心から表地;6寸・裏地;6寸1分のところに印を付ける
※裏地は白い裏地側に印をつけた方がやりやすいと思ったw
今回は表側に印付けをしてしまったので( ゚Д゚)

4.その間を中表に合わせて縫う(黒糸で)
ここで、右袖・左袖を決める。。今回糸印を付けた方が袖裏^^

先生が待ち針を打ってくれて縫い合わせてさぁ表に。。
と思ったら、なぜか裏側の方が表に出てしまい。。やり直し(笑)
お陰で、ここが頭に入ったかと??思いたいw

5.袖口の止めをする。表に返して袖口が綺麗に出来ているか?確認

6.留から1寸5分を表地;印通り
          裏地;印より5厘ほど下
  を別々に縫い、開いて鏝を当てる

7.6からそで下に向けて表地裏地を合わせて縫う。

8.袖口を毛抜き合わせに合わせ、袖口側を袖下からぐるりとしつけを掛ける←宿題
袖付けの部分で少しだけ外側に出てしまうけれど、
表地から引っ込んでしまうのは宜しくないそうで、
本当にプロが縫うと毛抜き合わせ。。
私が縫うと、限りないフキ?になりそうだけれど、
まだ、フキになってる方が良いのだそうですww

次回行ったときに出来れば袖付けまでって先生仰ってたけれど、
出来るかな~?(;^_^A
来週の予定は未定。。
まだ来月のシフト。。出てないから( ゚Д゚)

後で、もう片方の袖を作ってみますので、
自力で出来たら写真載せますね^^
nice!(0)  コメント(0) 

黒紋付の羽織。。マチが付いた^^ [和裁]

宿題の目玉だった羽織のマチ付け。。

180324_084401.jpg

まずは、気が向いたら直そうと思ってて。。結局直さなかった
和裁士さんが見たら、
また、
素人がいい加減な。。と言われてしまいそうですが(;^_^A
着てしまえば見えるところではありませんしね←私の基準(笑)
マチ上のキセの大きさw
どうしても私が気になるようなら、そのうちに。。直しますw
実はもう印付けもしているので、直すのが面倒だったとも言えるのですよね(;^_^A

そうそう、留をするところ、
これを見ると、
身八つのところではなくマチ上のところに留めがしてありますね←( ..)φメモメモ

で、左右の身頃にとりあえずマチを縫い付けたので、
羽織ってみた

180324_101521.jpg

後は
180324_101731.jpg

こんな風にしつけをするみたいなのだけれど、
ノートに記載が。。無くて、
ゆるみを付けて。。って仰ってましたが、

はてさて(。´・ω・)?

まぁ、明日か明後日教室に行く予定なので、
その時に習ってきます(笑)

袖裏のゆるみもせめて片方なりとも直しておかなくちゃ。。先に進めない(笑)
nice!(1)  コメント(0) 

黒紋付の羽織。。(5) [和裁]

さて、子供の卒業式も終わり、
これで、黒紋付の羽織に戻れますw

ということで、
昨日の教室では『マチ』を付けました。
と言っても、一つだけですけれどねww

先日中心に仕付けを掛けたもの。。
きちんと真ん中に付けた方が良いとのことだったので、
一寸やり直してから、
1.マチの上部はこのしつけ(というか中心)から右左に2分5厘
2.マチの裾の部分にはしつけから右左に8分の印を付けて
1と2を線で結ぶ。

これを羽織の脇に咬ませて縫って行けば完成~
なのですけれどね。。
これが意外と手間取りますw

まずは裾の折り返しをマチを挟んで待ち針を打ち、
そこを引っ張りながら折り返して(写真には待ち針が付いてないけど←後でもう一度写真撮り直します。。何と言ってもまだ後3か所同様に縫うのだからww)

180320_111041.jpg

マチの上部から5分下までは出来上がり線で縫っていき、
その後はマチの端~身八つ口までは裏地は出来上がり線通りに
180320_111102.jpg

表地は出来上がり線より1分縫い代側を縫います
180320_111121.jpg

つまり表地が少し弛むのですね^^

緩むと言えば、袖口布・・私が縫ったのは余りにも裏が緩みすぎとのことだったので、
もう一度やり直します。。ハイw
もし、宿題でマチが完全に付けられたら、次回は袖作りになるらしいが。。
マチが止められるという自信が。。有りません(笑)

閑話休題
そして、ここで、身八つ口の部分に(←タブン?後で見直して写真載せます)留め布を当てて留めをする。
(今回の留め方は簡単w行って戻るだけ^^
これも後で写真に載せておきます^^)

180320_112023.jpg

キセを表身頃の方にかけて。。折り返しを広げて平ごてをかけておく←いつも通り?

180320_112040.jpg

と、後は後ろ身頃側と反対側のマチを付けるのが一応宿題なのだけれど、
出来れば。。やります。
出来なければ。。持ち越しますww
nice!(0)  コメント(0) 

七五三の着物と袴。。完結?の卒業式^^ [長女]

長女の卒業式^^

長女短大卒業式1.jpg

帯をもう少し高い位置で締めればよかった。。

長女短大卒業式2.jpg

小学校ではありません。。
短大。。です(笑)

卒業式会場.jpg



短大生活2年間で、
幼稚園教諭2級と保育士の免許が取れました。。
『取りました』
というより、
『取れました』
という方が近い感じなのでww

それにしても。。
高い資格取得金額(笑)←短大の授業料&実習費等の雑費

┐(´д`)┌ヤレヤレ

あと何回この訪問着に袖を通す機会があるかな??
次は。。いつ?(笑)
nice!(0)  コメント(0) 

とりあえず。。袴の直し完成?? [やってみたかったこと]

袴の直しが出来ました。

元々の寸法は
180314_095319.jpg

前腰幅。。9寸
後ろ腰幅。。8寸5分

だったところを
前腰幅9寸7分(+7分)
180314_095117.jpg

後ろ腰幅1尺2分(+1寸7分)
180314_095257.jpg

理想(後腰幅+5分=前腰幅)とはかけ離れたけれど
これで、横の開きのところかなり広がったことになる??
前腰幅+後ろ腰幅で2寸4分広がったことになるから。。
少なくとも直し前の三角形よりもう少しすんなりとしたものに。。なってほしいよ(笑)

しかし、この袴、
今後もサイズを直して着れるようにと、

180314_084714.jpg

こんなに縫い代がとってあるから、
前紐をつけるのが。。大変だった(笑)
あと3寸は長くすることが可能w
ということで2尺2寸(約83cm)→2尺5寸(約95cm)に直せるのね??

とにかく長女の物を作るときには、
サイズが小さいけれど、とにかく『布一杯』で、
縫い代に折り込んで余り布を出さないようにしてるんです。
中には、仕立て直すと
筋が焼けが。。等、仰る方もいらっしゃるかもしれないけれど、
だけどね。。

本来着物ってそういうものだから。。

と思ってる。

そうやって受け継いでいくもの。。だと。
そこには自分でできなければ『仕立て代』という費用が掛かってくるのですけれどね。。

もちろん、焼け等についても、
本当に明らかな?ツートンカラーになってしまう様なら、やっぱり考えるかもしれないけれど、筋などは着て動いていれば他人にはわからないんじゃないかな?←分かるのかな?
でも、
それが仕立て直した証・引き継がれた証だと。。思っているので
まぁ、それを修復する技術だって日本にはあるわけで、
仕立て直すと言うことは思い入れがある程度あるわけだし。。

そんな明らかに仕立て変えの証である筋や焼けをその着物を通して
ほっこり
思ってくださる方が増えると良いな~なんてww

しかし、こういう既製品・レンタル主体の袴でさえも、
既製品ではきっととんでもないことになっていたはず(笑)
体型が所謂『標準体形』(?)でないと、
手間も。。かかりますね(;^_^A

帯に流したすきに短し??(笑)

本当のマイサイズを見つけるには道が長いかもしれないww

そういえば短大に入学するときに
入学式にはリクルートスーツで
と言われ、
〇山とか△山とか吊るしの?激安スーツ専門店色々物色してみたのだけれど、
結局あちこち直しをすることになりそうだったので、
その直し代も半端なかったし。。
半オーダーのスーツを誂えた。。

高かったのよ。。これが( ゚Д゚)
私としては、1~2万円位を想定していたのに。。┐(´д`)┌
でも、吊るしを購入して直したら、やっぱりこれに近い値段になるのでは??
と思ったくらいw
それでも、短大時代に何度もそのスーツを着たりしてたし、
いざという時の『黒』だったので、良かったんだけれどね(笑)

着物はこのスーツくらい着ることってあるんだろうか??
なんて。。思う(;^_^A

本人、名前入りのスーツですごく喜んでたけど(笑)
二度とスーツを誂えるなんてこと。。無いだろうな~

あ。。
次女が。。いたんだっけ??←忘れそう。。というより、忘れてたい(笑)←オイオイ
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -